ちばの木の家づくり推奨店とは

HOME ≫  ちばの木の家づくり推奨店とは

ちばの木の家づくり推奨店とは

当推奨店制度は、当初、平成22年に千葉県からの助成を受けて実施した制度であり、その後、県からの助成終了後においても、サンブスギ等の県産木材の需要拡大を図るため、推奨店制度を継続して実施しており、145社が登録されています。

「ちばの木の家づくり推奨店」認定条件

  • 1「ちばの木活用コーディネーター養成講座受講修了者」等、木造住宅の設計や施工に関し総合的な知識や経験を有し、相談者からの問い合わせ等に応じられる木材業者・製材業者・建築施工業者・大工工務店・建築士・建築施工管理技士等
  • 2ちば県産材の需要拡大を図るという趣旨に賛同する者
  • 3木材業者・製材業者等にあっては「ちばの木認証要領」の規定による「ちばの木取扱事業者」の認定を受けている者
「ちばの木の家づくり推奨店」認定制度 実施要領

美しいちばの森林づくり「ちばの木づかい」CO2固定量認証制度

推奨店が千葉県産木材を木材使用量の50パーセント以上使用した住宅を建築した場合は、千葉県が実施している美しいちばの森林づくり「ちばの木づかい」CO2固定量認証制度(こちら)の対象となります。

「ちばの木づかい」CO2固定量認証制度
Page Top